それでも解決しなかったら

保険というものは自分自身の身に万が一の事が発生した場合に、その事態を簡単に収束させるために加入するものです。

 

様々な場面で我々には危険が伴いますので、多くの種類の保険に加入している方が多いでしょう。

 

中でも、自動車保険は非常に重要なものだと言えます。万が一事故を引き起こした場合などは1億円以上の賠償金が発生する事もありますし、自分が被害者になった場合には、今後の生活が成り立たなくなる可能性が高いからです。

 

しかし、自動車事故の保険金は曖昧な場合が多いです。

 

というのも、保険金は被害者と加害者の過失割合で決まる場合が多いからです。

 

事故の状況を詳細にしてから決定されれのですが、自分自身に全く過失がない場合でも、100%の保険金が下りない場合があります。

 

このように保険金の支払額に不満が出る事は多々あるのです。ですから、このような不満がでた場合には、弁護士などを通じてもう1度事故の様子を客観的に検討させる事も可能です。

 

保険金の額は今後の生活に直結するものですから、ここで妥協する必要は全くないのです。

 

自分が受け取るべき金額を受けとる権利があるのですから、しっかりと主張して行く必要があるはずです。しかし、不満を述べるだけでは説得力がどうしても低いので、しっかりと第3者が介入する形で検討を進めていくべきでしょう。

コメント