支払いで確認することがあるとき

自動車事故の被害者として保険金を受け取るときには、症状が重い場合ほど金額について確認しておく必要があります。

 

というのも、通常保険会社から提示される和解金額というのは、被害者の傷害の等級における支払い金額の範囲内で、最も低い額になっていることがほとんどです。

 

これは、全員が加入している自賠責保険でまかなうことができる額面で、保険会社が負担する部分がほとんどありません。

 

しかし、実際に訴訟を起こした場合、ほとんどのケースで被害者に支払われる額はかなり増加します。

 

仮に和解などで減額に応じたとしても、最初に提示された額よりもかなり増えているということもあり、これは症状が重くなるほど顕著になっていきます。

 

こういった手続きは、交通事故に詳しい弁護士に相談するのが最も簡単です。

 

これまでの判例から、障害の等級によってどれくらい保険金が払われるかという目安も分かりますし、病院で受診しなおすことで、怪我の度合いがより重度になることも少なくありません。

 

訴訟手続きは弁護士が代行してくれますので、自分は裁判所まで出かける必要がほぼありませんし、保険会社との煩わしいやり取りもなくなりますので、ゆっくりと治療に専念することができます。

コメント