国土交通大臣へ申し出る方法

自動車による傷害事故が発生すると、被害者は加害者に対し、事故によって生じたさまざまな損害について賠償を求めることができます。

 
その際、被害者または保険加入者は保険会社に対して保険金の支払を請求し、保険会社は損害についての調査や損害額の計算を行った上で支払額を決定します。

 
保険会社は、請求が行われた時や支払の決定がなされた際、請求者に対して書面で情報提供を行う義務があります。

 
書面には支払手続きや支払基準、支払額に不満があった場合の異議申立手続きなどの概要について記載されており、請求者はこれによって保険金が適切に支払われているか知ることができるようになっています。

 
保険会社による保険金の支払が支払基準に違反している場合や、保険会社が書面による情報提供を適正に行っていない場合、被害者または保険加入者は、国土交通大臣に対する申出制度を利用して対処を行うことができます。

 
この申出制度は自動車損害賠償保障法に基づいて行われ、保険会社が支払基準に従った保険金を支払っていなかったり、適正な情報提供を行っていなかったと認められた場合、大臣から保険会社に対して自動車損害賠償保障法に基づいた指示が行われることになります。

コメント