支払われないのが不服なとき

自動車保険がまともに支払われない理由は様々ですが、その中でも頻度が高く、身近なトラブルといえば当て逃げです。

 

ちょっと相手に車をぶつけられた時、車をぶつけられた側からすれば、これは本来ちょっとでは済みません。

 
しかし、自分、そして相手方が自賠責だけであれば、どうなるかご存知でしょうか。
自賠責は物損には対応しておらず、自分で修理費用を捻出しなければいけません。

 

 

普通に考えて理不尽なケースです。
このような理不尽な当て逃げの対応策としては、ちゃんと自動車保険に加入しておく事です。
そしてポイントは、車両保険の免責の設定をしっかり把握しているかどうかです。
自己負担の設定がゼロであれば、理不尽な当て逃げに対し、車両保険を使う事で対応可能となります。

 

 

しかし、ここで少し問題が生じる事となります。
小さな当て逃げに車両保険を使って良いかどうかという問題です。

 
車両保険を使う事で、保険の等級が下がりますので、車両保険を使う場合はこの辺りを十分考慮した上で判断しましょう。

当て逃げは、直後の対応も大切です。
相手方の車やナンバーの撮影または控える事が可能であれば行動しておきましょう。

 
その後、警察へ連絡も忘れずに行なっておいてください。

 

コメント