泣き寝入りしないための対策

現在、様々なタイプの自動車保険があります。

 
どれを選んではいればいいのか、どんな保証をつけるとよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

 
自動車保険で泣き寝入りをしないように、車両保険や盗難保険に加入することをお勧めします。

 
まず、車両保険とは、車両そのものにかける保険です。

 
例えば、一人相撲(スリップして電信柱に追突した等。)で事故を起こした場合、対物保険では、破損した物件には保険が適用されますが、車両そのものには保険が適用されません。

 
せっかく保険に入っていたのに、車両保険に入っていなければ、車両の修理費用や買い替え費用の足しにできないのです。

 
もうひとつの盗難保険は、車両本体を盗まれたときに対応してくれるものです。

 
まさかと思うかもしれませんが、車両の盗難事件はなくなっていません。

 
朝起きたら駐車場に車がない。ということもあり得ます。

 
特に、高級車やプレミアがついた自動車などはこれに加入することをお勧めします。

 
盗難にあった際には、レンタカーの手配や、見つかった車両の回収などをしてくれる会社もあるそうです。

 
それぞれ多少値は張りますが、大切にしている自動車に万が一のことが起きたときのための大切な保険です。

 

考える価値は十分にあります。

コメント