支払いに関して不満があるときは

自動車による傷害事故が発生した場合、被害者は加害者に対し、事故によって受けた損害やそれに伴って発生した損害などについて損害賠償を請求することができます。

損害保険会社は損害について計算した上で保険金を支払うことに

 

なりますが、事故の発生について被害者側の過失が認められて損

 

害額が減額されるなど、実際には希望通りに支払われなかったとい

 

うケースもあります。
そういった場合は被害者または保険加入者は損害保険会社に対し

 

て異議申立を行うことができます。
異議申立は書面によって行われ、損害保険会社はその書面につい

 

ての審査を行い、必要に応じて追加の調査を行います。
それでも希望通りの額が支払われなかった場合には、損害保険会

 

社に対して請求訴訟を提起することになります。

 

 

保険金の支払についての紛争では、通常の裁判とは違い、紛争を迅速に解決するために第三者機関である自賠責保険・共済紛争処理機構による調停が行われます。
なお損害保険会社には保険金の請求が行われた際、被害者や保険加入者に対し、支払までの手続きや紛争処理制度についての説明や、保険金が支払われる場合にはその支払額となった理由、金額に不満がある場合の異議申立手続きなどについて、書面による情報提供を行う義務があります。
そういった情報提供や支払基準について損害保険会社側に問題があった場合、被害者または保険加入者は、国土交通省へその事実を申し出ることで、国から損害保険会社に対して必要な指示を行うよう求めることができます。

 

dannsei001